価格やリサイクル費用の違い

法人向けパソコンは利用に適した価格設定

個人向けパソコンは、家電量販店に行くとたくさん売られています。その中から自分が欲しいものを選ぶでしょうが、必ずしも自分に必要な機能にぴったり合うものが選べるわけではありません。使わないソフトがつくときもあれば使いたいソフトがつかないときもあります。ハードディスクの容量が大きすぎたり逆に小さすぎたりなども良くあります。無駄な機能は本体価格を割高にしますし、機能が足りないとその分追加のコストがかかります。法人向けパソコンは、スペックなどを指定しての購入ができます。ソフトが必要なら必要なソフトだけインストールしてもらえますし、ハードディスクなども指定した容量のものをセットしてもらえます。個人向けのように無駄や足りない部分がないので、目的にぴったり合った価格になっています。

法人向けパソコンはリサイクル費用が含まれない

個人向けパソコンは家電量販店などで売られていますが、裏の部分を見るとあるシールが貼られています。これはリサイクルの対象である印で、廃棄などをするときはメーカーに引き取ってもらいます。この時のリサイクル費用は購入価格に含まれているので別途支払う必要はありません。運送費もメーカーが負担してくれるケースが多いです。では法人向けパソコンはどうなっているかですが、裏の部分を見ても個人向けパソコンのようなシールが貼っていません。個人向けパソコンのように購入価格にリサイクル費用が含まれておらず、廃棄をするときには別途リサイクル費用が必要になります。無料で引き取ってくれて、データ消去やリサイクルをしてくれる業者もあります。