画面の見やすさの違い

個人向けパソコンは光沢のあるグレア液晶が多い

個人向けパソコンと法人向けパソコンの目に見える違いとして、画面の見やすさがポイントになってきます。個人向けパソコンは、光沢のあるグレア液晶が採用されていることが多いです。画面につやがありコントラストも高く、静止画や映像が色鮮やかに見えるのが特徴になっています。光で映り込みしやすいため、カーテンなどで部屋の明るさを調整しながら使うのがおすすめです。映り込みが気になるときは、設定でバックライトの明るさを調整すると画面も見やすくなります。発色が良く黒が引き締まって見えるので、写真や動画を楽しみたい場合にも最適です。画面にキズが付きやすいため、掃除する際は専用のクロスやクリーナーで拭いておきましょう。

法人向けパソコンは光沢のないノングレア液晶が多い

法人向けパソコンは、光沢のないノングレア液晶が採用されていることが多いです。画面につやがなく、映り込みも発生しにくいのが特徴になっています。光の反射が少ないため、長時間画面を見ていても目が疲れにくいのも大きなメリットです。文書作成などデスクワーク中心のオフィスにも向いています。コーティングが頑丈で、グレア液晶より画面にキズが付きにくいのも強みです。基本的に発色やコントラストは控え目なので、写真や動画の再生にはあまり向いていません。プロ用の高額なモデルでは、ノングレアでも発色が鮮やかに見えるディスプレイもあります。画面の見やすさは作業をスムーズに行う上で重要なポイントなので、じっくり選んでみましょう。