付属ソフトウェアの量の違い

法人向けパソコンは基本的にはOSのみ付属

個人でパソコンを購入するとき、家電量販店で個人向けパソコンを購入するでしょう。自宅に持ち帰って電源を入れればOSが起動し、既にデスクトップ上にいろいろなアイコンが用意されています。それらをクリックすればそのソフトが使えるようになっていて、インターネットのアクセスや文書作成、ゲームなどが楽しめるようになっています。一方会社で利用するパソコンは会社が法人向けパソコンをメーカーなどから直接購入します。そのパソコンの電源を入れたらどうなっているかですが、OSが起動するのみでデスクトップ上にはほとんどアイコンがありません。OS以外余計なソフトが入っていない状態です。それぞれの会社の決まりに従って、業務に必要なソフトをインストールします。

法人向けパソコン購入時にビジネスソフトのインストールを依頼

個人でパソコンを買うとき、一応各メーカーからも購入できます。ただ家電量販店を利用した方が安くなるケースが多いのでメーカーからの購入は限られるかもしれません。企業などは法人向けパソコンを購入するケースが多く、各メーカーと直接交渉をします。一度に沢山購入した時には大きく割引をしてもらえるところもあるようです。その時にどんな状態で納品してもらうかですが、基本はOSのみをインストールした状態で、時にはOSさえもインストールしていない状態での納品もあるようです。それ以外にはOSとビジネスソフトのみをインストールしてもらっての納品があります。業務に必要なワープロや表計算、メールソフトなどを指定しておき、それらがすぐに使える状態になっています。