エディションの違い

サーバーとの連携が少ない時の法人向けパソコン

会社でのパソコンの利用方法として、まずは個々での作業があります。そして各社員間とのコミュニケーションや連携があります。個々での作業なら特にネットワークに接続する必要はありませんが、社員間で情報を共有したり連携する時にはネットワークを利用しなければいけません。ネットワークを利用するためのサーバーが用意されているので、それを介して情報のやり取りをします。法人向けパソコンを購入したとき、OSのインストールがされた状態が多いです。OSにもいくつかのエディションがあり、家庭用パソコンなどは一般的なエディションがインストールされています。法人向けでもサーバーとの連携が少ないなら、一般的なエディションでも問題ないでしょう。

ビジネスでの利用が広まるプロフェッショナルエディション

パソコンを使うにはOSが必要で、目的に合ったOSの最新版を使うようにします。法人向けパソコンを購入するときにはOSのエディションが選べるようになっていて、価格を下げたいなら家庭用と同じエディションでも良いでしょう。ただ会社などで利用するパソコンの中には高度な利用をするときもあり、プロフェッショナルエディションと呼ばれる高機能タイプを選んだ方がいいかもしれません。社外から社内にアクセスしてパソコンの操作をするリモートデスクトップなどの機能を使いたいときには、プロフェッショナルエディションでないと使ません。すべてのパソコンをプロフェッショナルエディションにする必要はありませんが、パソコンの用途によってエディションを変えると良いでしょう。