パソコンには、個人向けパソコンと法人向けパソコンの2種類があります。個人向けパソコンは家庭で使われるのに適しており、法人向けパソコンは企業で使われることを前提としていますが、それ以外にも様々な違いがあります。

個人向けパソコンと法人向けパソコンの目に見える違い

個人向けパソコンと法人向けパソコンには、ハードウェアの面での違いがあります。最近ではあまり変わらなくなってきており、区別がつきにくいのですが、使用する人のことをよく考えた明確な違いが、両者にはあります。

素材・構造・強度の違い

パソコンは大量の情報を効率的に管理出来る機器として様々な業種で幅広く使用されています。また、近年では個人向けの安価なパソコンも普及していますが、その性能は機種ごとに大きく異なります。…

Read more

画面の見やすさの違い

個人向けパソコンと法人向けパソコンの目に見える違いとして、画面の見やすさがポイントになってきます。個人向けパソコンは、光沢のあるグレア液晶が採用されていることが多いです。画面につや…

Read more

個人向けパソコンと法人向けパソコンの性能・その他の面での違い

付属ソフトウェアの量の違い

エディションの違い

価格やリサイクル費用の違い

メンテナンスのしやすさの違い

メンテナンスは一任できる

個人向けパソコンとは違って、仕事で使うパソコンは故障すると業務に差支えが生じますよね。法人向けのパソコンは保守契約を結ぶことで小さな異常もすぐに解決することができます。例えば、マウスの動きが悪かったり、キーボードの反応が遅かったりなどした場合、連絡をすることで即部品交換をしてくれるのです。また、異音がしたり動作が遅い場合では、専門スタッフが診断してくれ、その場で部品交換をしてくれますよ。解析用のハイスペックなパソコンからタブレットのような移動式のタイプまで幅広いラインナップがそろっているため、業務に応じて選ぶことが可能です。法人向けのパソコンの導入にはいろいろなサポートプランがあり料金がことなりますので、契約内容をよく把握したうえで比較検討をすることが重要です。

システムも構築してくれます

法人向けのパソコンの契約にはシステムサポートも充実していますよ。もっとも手間がかかるのがOSの更新ですよね。古いまま使うとセキュリティーが対応しなくなるので更新するしかありません。セットアップをしなくていいようにパソコンごと総入れ替えをしてくれるのです。OSの使い方や導入のアシストも対応してくれるので便利です。さらに、システム開発もサポートしてくれますよ。例えば、共通サーバーの構築でデータを共有化したり、ワークフローで電子承認を採用するなどがあります。これを利用することでビジネス効率が上がります。さらに、OSの進化やバージョンアップに対するメンテナンスも対応してくれるため安心して長く利用することが可能です。